記事の詳細

WOWOWご加入で2,484ポイントプレゼント! - 楽天市場

1: 2014/10/14(火) 12:52:03.58 ID:???0

AKB渡辺麻友のインスタグラムが流出!「マネージャーの許可を得て羽生結弦と付き合っている」、「宮脇咲良と兒玉遥は整形モンスター」AKB48で唯一スキャンダルがない無敵のアイドルと言われた渡辺麻友に、プライベートで使っているInstagram(画像共有SNS)が流出してしまうというとんでもない事件が発生した。

インスタグラムでは普段とは違う下品な姿をさらけ出していた。

清純で真面目な女の子だと思っていたのに…。テレビでお上品なアイドルを演じている反動で、
プライベートでははっちゃけていたということなのだろう。変顔、汚い画像を共有していた。これが「まゆゆ」の真の姿なのか。

羽生結弦くんが大好きでたまらない!!!
フィギュアスケートの羽生くんに関する言及が多数見られ、とにかく好きという気持ちをおさえられない様子。ファンが見たら悲しむぞ。

Kis-My-Ft2の玉森裕太も好きらしい。
楽屋の前で撮った嬉しそうなこの顔!ジャニーズ好きだったとは。

「マネージャー許可降りたから羽生くんとお付き合いします」という報告も。

これは友達とのメッセンジャーのやりとりだろうか。渡辺麻友の交際の報告に対して友人は「心からおめ」、「えっ」とコメントし、それに対してまゆゆは音符のついた顔文字で返信。とにかく頭の中は羽生くんのことでいっぱいなようで、スマホで羽生くんの動画を映しながら食事する写真までアップしていた。

メンバーの整形を暴露。

「HKT48の宮脇咲良と兒玉遥は整形モンスター」、「みんな若いのによーやるよねーー」というメンバー批判も確認できる。
もはや、これは今後AKB48で活動を続けていく中で致命的ではないか。その他、宮脇咲良が誰かと映っている写真に対しては「はい殺意」、「爆破したい」という過激なコメントも見られる。

友達がわざと流出させたか!?

このかつてないほど衝撃的な流出にファン達は動揺しつつも、今回の流出は身内の犯行だろうと推察している。
きっと仲のよかった友達が裏切ってこのようなキャプチャ画像を故意に流出させ、今頃ネットを眺めながら笑っているではないか。

ただ可能性としては、その「友達」というのが同じAKB48Gメンバーであることも考えられる。恋愛禁止で溜まるストレスを発散するためにこのような場を設け、秘密を共有していたとしたら…。今回の流出はもしかすると、総選挙1位に輝いた渡辺麻友を潰すためにメンバーが手のひらを返した結果だったのではないか。

なお今回は5枚の画像だけだったが、今後は第二波、第三波の流出も予想される。netgeekでは引き続き独自調査を進めていきたい。
続き:【検証】AKB渡辺麻友のInstagram流出はそっくりさんではなく本人で確定 http://netgeek.biz/archives/23301

http://netgeek.biz/archives/23275
wpid-fe5589138a1bc325dcc1395d982ddb03.jpg wpid-1c890e13a1ae626acbd059c594728e60.jpg wpid-334ce1ae29679ecf443aba2db53316b0.jpg wpid-a37ac0270cd353ce593283b4ee207279.jpg wpid-3b5e8b5482957021c68dc382d19358a1.jpg

1が立った時間:2014/10/11(土) 01:42:17.48
前スレ
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413140642/

4: 2014/10/14(火) 12:55:28.31 ID:HBrHFbyP0
>>1
記者さんありがとう
きっとこれが最後のスレだな
4日ルールで

 

5: 2014/10/14(火) 12:55:54.20 ID:WZjZ6AdW0
ただコピペしてるだけで記者とか

 

7: 2014/10/14(火) 12:57:37.15 ID:WlCuhHrs0
これはひどい

 

8: 2014/10/14(火) 12:58:06.69 ID:LEHNFtoYi
テレビはどこもやらねーなこれ。
ネットランキング~なんて言いながらスルーしてるし。

 

9: 2014/10/14(火) 12:58:44.67 ID:uUdnZ0xk0
まだ、やってんの?w
お疲れちゃん(*^_^*)

 

11: 2014/10/14(火) 13:04:41.43 ID:xE4KPUeK0
よしりんのコメントマダー?

 

14: 2014/10/14(火) 13:05:28.66 ID:B8W/KNd+0
まゆゆに整形モンスター呼ばわりされた兒玉遥さん
wpid-47afB0V.jpg wpid-lMGfaZF.jpg wpid-PFHEd7O.jpg wpid-140607-2149410917-1440x810.jpg wpid-d356229a75e2e5bad22790a0f960d2e4.jpg wpid-140919-0222530172a.jpg wpid-1xXiiue.jpg

 

19: 2014/10/14(火) 13:14:55.19 ID:hRmbNS3u0
>>14
事実、整形モンスターだな

 

16: 2014/10/14(火) 13:10:07.08 ID:/HkrCwPmO
◆芸スポも秋元の手のひらで転がされているな

AKBってメンバーをネタにしてワイワイやるのを狙ってるわけだし
だからAKBはネットの掲示板と同じと指摘した人もいる。

それを顔や歌や躍りがどうとか、頓珍漢な批判ばかりしている。
秋元もグループ名をアルファベットにしたのは匿名性にしたかったといってるし、
色んな人が乗り入れできる器とも言っている。
電通もAKBは皆が利用して楽しめるプラットフォームと言っている。
宇野常寛もAKBを受け身の本だと思うから間違えるのであって、参加するものと指摘している。
(「現場+ネットで勢力を蓄える(マスメディアを主戦場にしない)」
→「そこで獲得したポピュラリティをもってマスメディアに進出
(ブースターとして利用)」)

握手会も総選挙も参加するシステムだし、CMも参加して遊ぶように作られてるのが多い
スキャンダルもネタとして取り込んでネットでワイワイやっている。
大勢メンバーを取ったのも物語が発生しやすいのと
テレビの斜陽を見越して個人を売り込むテレビ向けアイドルではなく、
現場とネットからのアイドルだから(これは秋元と付き合いのあるホリエモンも言っている)

昔のCMは商品名を連呼していたが、歌手とタイアップすることによりCDも売れた
しかしタイアップ商法と批判された
カラオケが流行ると聴かせるよりもカラオケで歌い易い楽曲が作られるようになった。
現在の音楽もコミュニケーションツールに変化してきている
テレビも実況などコミュニケーションツールとして視聴されてきている。
(受身から参加へ)

 

17: 2014/10/14(火) 13:13:49.96 ID:hnMDVb5D0
AKBは交際するのにマネージャークラスの了承取ればOKてのがわかったよ

 

18: 2014/10/14(火) 13:14:47.57 ID:Q7IYj7Cv0
身内でやっている妄想日記のようなもんじゃないの?

 

21: 2014/10/14(火) 13:15:07.11 ID:Bsyj3sRFi
92年組

指原
峯岸
大場
松村沙
平嶋

最強(T_T)

 

22: 2014/10/14(火) 13:15:37.34 ID:/HkrCwPmO
音楽業界がライブ中心に移行しつつあるのに、劇場までつくったのはAKBだけ。北川昌弘もAKBがそれまでのアイドルと決定的に違うのは
テレビとの関係と『山口百恵→AKB48アイドル論』で書いている。
「秋元康がおニャン子クラブの経験を踏まえて言うように(中略)テレビという
場を本質的には必要としていない」(アイドル進化論 P280)。
「この程度の事実関係の把握と構造理解をもたないままAKBを批判
しているのだ(暴走する「理解不能なもの」への批判)」
「彼女たちの周囲では大小さまざまな事件が日々起こっており、
その全体が魅力的なドラマとなっている」
「AKBはまず、ブレイクするまでにモーニング娘。型の
リアリティーショーを別のものに買えてしまったのである。」(AKB商法とは何だったのか)」

兎に角、2ちゃんは昭和のテレビ脳でしか理解できず
ことごとく分析を間違えた上に 秋元の戦略に乗せられているわけだ

よくAKBの分析でも指摘されているのは、ヲタは肯定的な物語を消費し、
アンチは否定的な物語を消費している。
ただし、キャラクター、メンバー同士の関係、歴史、文脈、
を知っているヲタの方が遥かに楽しんでいる
さらに昔のアイドルの親衛隊的なものと現在のアイドルの現場の変化も捉えていない

ヲタが騒ぐ→それを見たマスコミが一部を取り上げて記事にする
→それを見て芸スポが騒ぐ

要するに遅れた上に一部しか知らないままマスコミを信じて
「ヲタは~」
と言っているのが芸スポ

 

引用元: 【AKB48】まゆゆ渡辺麻友のインスタ鍵アカ流出!羽生結弦と交際宣言・キスマイ玉森裕太好き・ヘルペス持ち「宮脇咲良と兒玉遥は整形モンスター」


PR

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

ページ上部へ戻る