記事の詳細

WOWOWご加入で2,484ポイントプレゼント! - 楽天市場
1: 2014/08/16(土) 10:53:53.16 ID:???0
日本人初の“プレミアリーガー”である稲本潤一選手。
アーセナル、フルアム、ウェストブロムウィッチの計3チームでプレミアリーグを戦ったのは、日本人最多だ。
欧州で数々の経験を重ねてきた稲本選手に、改めてプレミアリーグについて聞いた。■別格だったプレミアの“速さ”

稲本選手は2001年、弱冠21歳でイングランドに渡る。それ以来、実に9年もの海外生活を送り、その間、トルコ、ドイツ、フランスでもプレーした。
そんななかでも、プレミアリーグの“速さ”は、別格だったという。
「マイボールになった瞬間に、どれだけ前に上がっていけるかだと思います。

ドイツやフランスであれば、マイボールになった時、まずはボールに近づいて、パスを受けようという動きをすると思いますが、
ボールを奪った選手がそのままドリブルで前進したり、他の選手はスペースめがけて走っていったりするのは、プレミアリーグの方が多いかなという印象はあります」

とりわけ、最初に所属したアーセナルでは、オランダ代表のデニス・ベルカンプ、フランス代表のティエリ・アンリ、ロベール・ピレス、パトリック・ヴィエラなど錚々たるメンバーが揃っていた。「ほとんど、現地の情報を持っていなかった」という稲本選手にとっては、プレースピードだけでなく、全ての面で衝撃を受けたそうだ。

その後、フルアムを経て入団したウェストブロムウィッチでは、典型的な“イングランドサッカー”と出会う。
当時、監督から求められたのは、「ロングボールを蹴って、競り合った後にこぼれたボールをいかに拾えるか、また、ボックス・トゥ・ボックスでどれだけ走って球際に強く当たっていけるか」ということ。

日本人には適しているとは言い難いスタイルだったが、それでも、稲本選手は順応への努力を続けると共に、“自分の色”を出すことを忘れなかったという。

「監督の要求を確実にこなしながらも、他の選手とはどういう違いを見せられるかを常に意識していました。
やはり、イングランド特有のプレースタイルには慣れていないので、中盤でボールを捌いて攻撃の起点になるような選手として勝負したいなと思っていました」

■ピッチ内外で感じた“プレミアらしさ”

プレミアリーグと言えば、ピッチ上で繰り広げられる激しさだけではなく、スタジアムを包む雰囲気も大きな魅力だ。
稲本選手自身も、「世界で一番素晴らしい」というその理由を教えてくれた。

「素晴らしいタックルをしたら歓声が上がるし、相手の選手が後ろ向きなパスをしただけでも、スタンドが沸きます。
そういうお客さんの反応は、日本とはすごく違いますね。また、サポーターが歌うチャントも、結構、相手を皮肉るような歌を歌っています。
現地に行けば一番良いのですが、歌や歓声はテレビの画面からでも伝わってくるので、そういうところも見て欲しいですね」

「自分にチャントを歌ってもらうと、受け入れられたと実感することもあった」という稲本選手。
そこで、「思い出に残っているスタジアムは?」と尋ねると、今は無きスタジアムの名前が挙がった。

「やはり、ハイバリー(注:2006年までアーセナルがホームスタジアムとして使用)ですね。ああいう歴史のある、昔ながらのスタジアムで、
アーセナルの一員として試合に出られたことは、今思うと良い経験が出来たかなと。

>>2以降につづく

http://www.jsports.co.jp/press/article/N2014081515141202.html

2: 2014/08/16(土) 10:54:06.92 ID:???0
お客さんが入ることを意識して、大きなスタジアムが新しく建つのは仕方のないことですが、
ああいう昔ながらのスタジアムで、移籍1年目からチャンピオンズリーグの試合に出られたのは、思い出に残っています」

一方、スタジアムを一歩離れると、そこでも“プレミアらしさ”を感じることがあったという。
「“サッカー選手”という位置づけが、しっかり確立されている国だと思います。

プライベートでも、ファンの人たちに気づかれることがあっても、そこまで話しかけてきたりはしないですし、サインを求められることもほとんどなかったですね。
『頑張れよ』と軽く声をかけられることはあっても、基本的にはプライベートを尊重してくれる国だとは感じました」

■プレミアでの経験を日本に還元して欲しい

今でも、プレミアリーグの動向はチェックしているという稲本選手。「ドイツなどに比べると、日本人が適応するには難しいリーグであり、
日本人にはなかなか不向きなサッカースタイル」と語る一方で、かつて自身がプレーしていた頃と比べて、
「足元でボールを繋ごうとするチームが増えてきた」印象があるという。そして、それはある意味、日本人にとっては追い風だと話す。

「昔と比べると、今の方が日本人にとっては多少やりやすいかな、というのは感じます。今でもロングボールを多用するチームはあると思いますが、
昔に比べて、“ボールをつなごう”という意図を感じるチームが増えています。なので、今の方が、日本人にとってはプレーしやすいとは思います」

だからこそ、今、現地で奮闘を続ける日本人選手に対しては、とにかく試合に出続けて、その経験を日本に還元して欲しいとエールを送る。

「イングランドは、まだそれほど成功している選手がいないイメージがありますが、そうした状況のなかで、日本人選手がどういう活躍を見せるのかは、
注目して見てみたいですね。それぞれで熾烈なポジション争いがあると思いますが、そこでレギュラーを掴みとることも力になると思いますし、
試合に出ることも力になるはずので、是非そこで良い経験をして、日本に還元して欲しいと思います」

サッカー選手として、もっとも成長が期待される20代前半から中盤にかけて、1人、プレミアリーグという異空間で戦い続けた稲本選手。
イングランドサッカーの先駆者として、日本人選手の成功を心から願う姿がそこにはあった。

 

3: 2014/08/16(土) 10:55:08.36 ID:LCFdULfY0
は?負け犬が吠えんなよ

 

5: 2014/08/16(土) 10:57:01.73 ID:VYa0I6XL0
>>3
あの頃のマンuから2点奪ったり、あのころのアーセナルに移籍したんだから大したもんだとは思うけど

 

4: 2014/08/16(土) 10:56:12.33 ID:pVGfN07O0
90年代初頭、つまりプレミアリーグ開始当初はマジキチガイ
90分戦うより「何分間ボールにチャレンジ出来ますか」という風潮だったし
あれがイングリッシュ・フットボールだと思った。
今はただの牙を抜かれたライオンの“サッカー”

 

6: 2014/08/16(土) 10:57:12.05 ID:McBbwGdW0
それでもダメな香川

 

7: 2014/08/16(土) 10:57:27.87 ID:NCH+ab3i0
しかしいくらプレミアが人気だろうがイングランドはまったく強くならんし

 

11: 2014/08/16(土) 11:01:45.69 ID:6IQRGwqi0
>>7
人気と実力は別

 

8: 2014/08/16(土) 10:58:16.23 ID:3gy5VSSl0
難しかったわー俺がいた時は難しかったわー

 

9: 2014/08/16(土) 10:59:02.30 ID:ke0624De0
そんな格好良くないのにイケメン扱いされて
田中美穂と結婚できたんだから勝ち組だよね

 

21: 2014/08/16(土) 11:05:06.33 ID:1N0P9Eii0
>>9
田中美保って仕事パッとしないし、芸人とかのお古って印象強いし、
むしろ稲本クラスと結婚出来たのにびっくりだわ。

 

10: 2014/08/16(土) 11:01:11.56 ID:s7WrloPN0
アーセナル以外じゃちゃんと戦力になってたんだから大した物

 

16: 2014/08/16(土) 11:03:38.60 ID:VzsCcfDC0
>>10
プレミアでは
稲本越えが当面の課題だよな

 

12: 2014/08/16(土) 11:02:07.36 ID:e1IKlqKY0
>稲本選手自身も、「世界で一番素晴らしい」というその理由を教えてくれた。

>「素晴らしいタックルをしたら歓声が上がるし、相手の選手が後ろ向きなパスをしただけでも、スタンドが沸きます。
>そういうお客さんの反応は、日本とはすごく違いますね。

どんなプレーを見ても動じずに歌い続ける日本のサポーターかっけーわー、マジかっけーわー

 

13: 2014/08/16(土) 11:02:08.50 ID:fpqlp68M0
ジャパン・マネーのおかげでプレミアに行けた稲本。

 

14: 2014/08/16(土) 11:03:19.38 ID:2jc2Yj3p0
プレミアこそエリア外からは3点、30秒以内にシュート打たなきゃダメでもやれよ

 

15: 2014/08/16(土) 11:03:22.94 ID:jCc5L+Ami
ボローニャ戦のミドルとか印象に残ってるよ

 

17: 2014/08/16(土) 11:03:49.56 ID:6uRWgop+0
二十一でプレミアってすごいね

 

18: 2014/08/16(土) 11:04:01.57 ID:eRj2cBO/O
あまり知られていないがベンゼマクロースディマリアビダルクラスがイングランドの若手クレバリーウェルベックショースモーリングより給料安いもんな

 

20: 2014/08/16(土) 11:04:49.48 ID:idRkyNPQ0
>>18
まじかよ、終わってる

 

19: 2014/08/16(土) 11:04:18.35 ID:N+vYqANX0
旧宮市

 

22: 2014/08/16(土) 11:05:06.79 ID:t35Zw+A50
加入したのが全盛期アーセナルだったからな

 

23: 2014/08/16(土) 11:05:36.49 ID:xfp6Pyqn0
稲垣博士名乗ってベスト5挙げようと思ったけどクリスマスキャロルしか知らなかったw

 

24: 2014/08/16(土) 11:05:44.55 ID:6+Og4vzq0
パスアンドラッシュは昔のプレミアのほうが迫力はあったね
今はパスサッカーにどこもなってる感じ

 

25: 2014/08/16(土) 11:06:36.70 ID:NsjWdFs40
所属していた当時のアーセナルが凄いメンバーだったからな
何だかんだで移籍後は試合に出てたし

 

26: 2014/08/16(土) 11:06:55.69 ID:Tu0cNFXS0
リーグ戦1試合も出場しなかったから優勝セレモニーでトロフィー掲げる時はさすがに本人もちょっと気まずそうだったよね

 

27: 2014/08/16(土) 11:07:27.48 ID:VaK34G5Z0
小学校の時FWだった稲本をマンマークで完封したのはいい思い出

 

28: 2014/08/16(土) 11:07:40.59 ID:G8a/yoPgi
香川が入団したのはフーリガン入場規制されて
ファウルもめちゃくちゃ厳しくなってから
つい最近まで、スパイクで踏むなんて当たり前だった。
ただ、改革されてからの方が劇的につまらなくなった

 

30: 2014/08/16(土) 11:10:24.43 ID:idRkyNPQ0
>>28
それは人それぞれだろ
今の方が面白いと思うし

 

29: 2014/08/16(土) 11:08:42.22 ID:Qj7IWByt0
稲本が評価されるのはW杯でも活躍したから
クラブだけでW杯ではさっぱりじゃその信者以外からの評価は糞

 

引用元: 【サッカー】日本人初の“プレミアリーガー”稲本潤一が語るプレミアリーグ「今の方が、日本人にとってはプレーしやすいとは思います」


PR

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

ページ上部へ戻る