記事の詳細

WOWOWご加入で2,484ポイントプレゼント! - 楽天市場

1: 2014/09/04(木) 23:06:46.87 ID:???0

「時短」。どの世界でも頭を悩ます問題は、日米のプロ野球でも深刻だ。今季の1試合(9回)の平均時間は、大リーグが史上最長の3時間8分。
日本のプロ野球は過去20年で2番目に長かった昨季と同じ3時間17分。
プレー時間に制限がないのが野球の特徴とはいえ、対策はないのか。

真っ向勝負でテンポがいいイメージの大リーグ。8月28日のメッツ―ブレーブス戦を計ってみた。
1回表、ブレーブスの1番ヘイワードは、1球ごとに打席を外して深呼吸。バットの先でベースの両端をたたき、投手と向き合う。そのたびに4~5秒が過ぎる。
メッツの先発ニースは捕手からの返球後、次の1球を投げるのに15秒以上かかるときもあった。

家族、友人らと緩やかな時間を過ごせるのが、大リーグ観戦の魅力。ただ、懸念もある。他競技と比べてスピード感を欠くのでは?

昨年の米メディアの調査で、興味深いデータが浮かんだ。無作為に選んだ大リーグ3試合の平均試合時間は2時間58分。
そのうち、打った、投げた、走ったなどの動きがあった時間はわずか「17分58秒」だった。

展開の早いプロバスケットボール(NBA)は1試合平均2時間18分。12分間の4クオーター制のため、当然ながらプレータイムは「48分」だ。

大リーグの規則では、走者がいない場面で、投手は12秒以内に投げなければならないとされる。だが、米メディアによると、今季の平均は23秒。
メッツの松坂はレッドソックス時代の2010年、25・9秒かかり、最も時間のかかる投手といわれた。
「球団から注意はされていたが、捕手とのサインの確認もあった。マウンドで集中していると何秒たったなんてわからない」と言う。

不必要に打席を外れてはいけない、とされている打者も、実際には1球ごとに仕切り直す場面が多い。
通算2304安打(2日現在)のフィリーズのロリンズ内野手は、「打撃は自分の間(ま)が大事。秒数に追い立てられたら、調子がおかしくなる」。

テレビ中継でCMが流れる間はプレーが止まる影響などで、試合時間は30年前に比べて約30分間長くなった。
大リーグ機構は、投手交代の迅速化、ピンチでマウンド上に監督や選手が集まる時間の短縮などを描くが、16年オフの新労使協定で選手会との合意が必要になる。
選手会のクラーク専務理事は、朝日新聞の取材に対し、「労働条件の変更になるが、野球の発展のためなら話し合いに応じたい」とメールで回答した。(ニューヨーク=村上尚史)

■日本は平均3時間17分

日本のプロ野球は、さらに長い。打席に入るときに選手が選んだ登場曲を流すチームも多く、全部聞き終えてから打席に入る選手もいる。
イニング間の催しも増えた。この10~20秒の積み重ねが、全体の時間を延ばしていく。

日本野球機構(NPB)は08年、地球温暖化対策やテレビ局の要望で時短の取り組みを本格化。公式サイトで平均試合時間も公開している。
11年には、「登場曲は10秒以内」などの指針をまとめた。当時は東日本大震災に伴う電力不足の懸念から平均3時間6分(前年比7分減)だったが、昨季は3時間17分まで延びた。

試合時間が短いチームもある。巨人だ。昨季の平均3時間8分は、一番長いソフトバンクと比べて15分短かった。
今季も9月2日までで両リーグの平均より7分短い3時間10分。場内アナウンスより早く打席に入ったり、前の選手が打つのと同時に次打者席を出たりする選手も目立つ。

巨人の笹本信二運営部長は「打席に速やかに入るのは決め事」と、登場曲の長さには球団として注意しているという。
昨季、スピードアップ賞を受賞した阿部は「せっかちだから」と冗談めかすが、坂本は理由をこう説明する。「早く打席で準備したいから」。
自分のリズムを重視したことが、結果として時短につながっている。

セ・リーグ運営部の杵渕和秀リーグ統括は、「投手が1球外して様子を見るというような、日本独特のセオリーもある」と野球文化も絡んだ課題と指摘する。
「特効薬はなく、最後は選手次第です」(山下弘展、坂名信行)

http://www.asahi.com/articles/ASG800JCWG8ZUTQP03B.html

2: 2014/09/04(木) 23:07:20.12 ID:uVCovwiS0
リリーフカー(笑)

 

3: 2014/09/04(木) 23:08:00.03 ID:NRNDi+uiO
デブが棒を振り回してるだけだよね

 

21: 2014/09/04(木) 23:12:08.07 ID:OhvWkRiy0
>>3
デブが棒振り回してるだけの恥ずかしい競技
とてもスポーツと呼べないレジェーが野球
そんな野球選手が何億も稼いで美人な嫁さん貰ってるけど、バカにしている独身一般庶民はの年収300万もいかない現実

 

27: 2014/09/04(木) 23:13:03.75 ID:LKqXkb2C0
>>21
レジェー!!!!!!

 

4: 2014/09/04(木) 23:08:08.76 ID:Tsa7HgZ70
リリーフカー(笑)

 

5: 2014/09/04(木) 23:08:55.09 ID:WQi0bCGg0
相撲

 

6: 2014/09/04(木) 23:09:41.48 ID:dk4DQ0RHO
相撲と一緒にするのは野球好きの方に申し訳ないとして
アメフトやら広義ではテニスやらも、実際の時間は短いはずです

 

7: 2014/09/04(木) 23:09:49.75 ID:0m0rKauv0
高校生が2時間で終われるもんを何をダラダラやってんの?

 

8: 2014/09/04(木) 23:09:57.02 ID:rAcaTRJwi
ビール飲んで飯を食いながら見れるから客が入る
税リーグと違って

 

9: 2014/09/04(木) 23:10:02.32 ID:ElA3+mZO0
高校野球のあとプロ野球みたらチンタラやってるなとは思うわ。

 

10: 2014/09/04(木) 23:10:19.69 ID:J+d6QISJ0
高校野球早いんだからやればできるのでは

 

11: 2014/09/04(木) 23:10:49.57 ID:Mx0U40vz0
野球改め遅球にしろ

 

12: 2014/09/04(木) 23:11:00.84 ID:yRoY1Q7F0
アホの抗議w

 

13: 2014/09/04(木) 23:11:00.85 ID:F/LiPKbi0
だからプロ野球の年間公式戦が144試合もあるんだよな。

 

14: 2014/09/04(木) 23:11:05.78 ID:r3jZRivT0

wpid-20140904192305837.jpg

wpid-20140904192504082.jpg

wpid-20140904192504546.jpg

wpid-20140904185504749.jpg

 

15: 2014/09/04(木) 23:11:09.83 ID:l4iEavpF0
高校野球は?

 

16: 2014/09/04(木) 23:11:26.97 ID:J+d6QISJ0
ビールの売り子のついでに野球見る感じになった

 

17: 2014/09/04(木) 23:11:44.07 ID:a/UPZo2i0
高校生が2時間でやってんだよなあ

 

18: 2014/09/04(木) 23:11:48.79 ID:7AiL06tO0
動きって何だよw
スポーツやったことあるやつはこんなこと言わないだろw

 

19: 2014/09/04(木) 23:11:50.27 ID:yhssAQz/0
ダラダラダラダラダラダラ・・・・

 

20: 2014/09/04(木) 23:11:50.69 ID:CQrjK1HO0
じゃあ、録画編集ならちょうど30分番組で放送できるね。

 

22: 2014/09/04(木) 23:12:20.12 ID:Mx0U40vz0
テニスは4時間あっという間なのに野球は4分も見たら飽きてしまうよw

 

23: 2014/09/04(木) 23:12:25.71 ID:J3nubPcO0
回数減らせば時短できるぞ。5回終了で半分くらいにはなるだろ。

 

24: 2014/09/04(木) 23:12:27.92 ID:piw5qPZj0
酒臭くてハゲた腹の出たおっさんがメイン客のお遊戯w

 

25: 2014/09/04(木) 23:12:30.87 ID:l4iEavpF0
広い外野でフットサルやれば一石二鳥じゃね

 

26: 2014/09/04(木) 23:12:40.72 ID:J+d6QISJ0
アメフト時間制限あるから見れる

 

28: 2014/09/04(木) 23:13:14.24 ID:KdGfN90H0
マジな話高校野球が3球投げてる間プロは1球しか投げない

 

29: 2014/09/04(木) 23:13:15.68 ID:BnZuzDMX0
人前で平気でゲップするようなハゲデブ親父が多くてイヤになった

 

30: 2014/09/04(木) 23:13:38.85 ID:4la+i1Ch0
あんなつまんないの3時間も見れるのすごいわ

 

引用元: 【野球】プロ野球の試合時間平均「3時間17分」動きがあった時間はわずか「17分58秒」 他競技と比べてスピード感を欠くのでは?


PR

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

ページ上部へ戻る